人気記事

渋滞確認!ハザード点灯!でも…すぐに最後尾にはなってはいけない理由!

こんにちは

現役大型トラックドライバーのハナです。

 

て、今日は・・・

珍しく・・・プロ目線のお話です(^^ゞ

 

複数の買取店からの不要な営業電話に悩まされない!
一括査定でも電話は1店のみ♪
↓ ↓ ↓

高速道路やパイパスを走行中に

前方が渋滞しているときがありますよね?

 

このときに

前方の渋滞確認!!

ハザード点灯!!

そのまま自分が最後尾

 

には・・・

 

なってはいけない!!

 

というお話です(^^ゞ

 

今回の内容は

・多くの人がしていること

・では、どうするべきなのか?

・注意点

の順番で解説していきます。

 

知っているか知らないかだけのことです。

技術も何も必要ありません。

 

今後は追突防止をしましょう!

 

多くの人がしていること

 

速度の速い高速道路やバイパスで

前方の渋滞を確認したら

ハザードを点灯させ

後方の車に知らせますよね?

これはおそらく多くの人が

実践していることだと思います。

 

ここまではいいですよね?

 

ハ ナ
ハ ナ
問題はここからです!

 

 

ハザードを点灯させて・・・

 

そのまま列に並び・・・

 

自分が最後尾・・・

 

これは

絶対にしないでください!!

 

こういう状態ですね。

あなたは白色の車です。

 

実に9割以上の方がこれを

やってしまいます。

(ハナ調べ。完全に肌感覚です。)

 

「え?ちょっとまって?

  渋滞していることがわかるように

 ハザードを点灯させてますよ?」

 

と思いますよね?

 

 

何がダメなのか考えてみてください♪

 

3

 

 

2

 

 

1

 

 

どうですか?

 

正解は・・・

 

「そこ」に居ると

後車が突っ込んできた場合に

高い確率で死亡するからです!!

 

要はサンドイッチ・・・

ということです。

 

ハザードを点灯させていれば

後車が必ず止まってくれる・・・

とは限らないですから・・・

 

後ろから勢いよく突っ込まれる

目の前は壁!(実際は車ですけどね)

追突エネルギーの逃げ場が無い

 

大型車がノーブレーキで突っ込んできた場合、

本当に一瞬で挟まれます。

 

おそらく一度は写真や映像で

見たことがあるのではないでしょうか?

 

サンドイッチされた車は、

車種が何かなんて全くわからない、

下手すれば車かどうかもわからない、

そのぐらい悲惨な状態になります。

 

では・・・

どうすればよいのでしょうか?

 

TIREHOOD
購入したタイヤは予約をした店舗に直送されるので、
指定日にクルマで店舗に行くだけ!

 

すぐに最後尾にはならず「ポツン」になる

 

前に壁(車)が無い状態・・・

つまり・・・

 

ポツン・・・

 

になりたいわけです(^O^)/

 

こんな感じです。

 

リアル目線

 

 

こうすることにより

・追突防止

・追突された場合の

 エネルギーの逃げ道 

が作れます!!

 

まず「追突防止」ですが、

あなたが本来の最後尾より100m後ろで

停止してハザードを点灯させていれば、

後続車はそれだけ早く渋滞に気付きます。

 

あなたが後続車だったら

どうです?

 

渋滞しているのであれば

冗談抜きで1秒でも早く

ハザードを確認したくないですか?

 

少し前方は壁になってるわけですからね?

 

という目的が1つ。

 

 

別の目的としては

100mという保険です。

 

停止しているあなたがバックミラーで

後車を観察しています。

 

来た!!

 

来たけど・・・

 

ハザードを点灯しない!?

 

え!?

 

スピード速くないか!?

 

のような後車の

「気付き」

「ブレーキング」

が遅れた際に・・・

 

100m逃げれれば、ほぼ大丈夫です。

 

もちろん例外はあるので

あとで解説します。

 

 

次に

「追突された場合のエネルギーの逃げ道」は…

 

これは簡単ですよね?

 

最悪、追突された場合に

目の前が壁なのか

空間なのかの違いです

 

ハ ナ
ハ ナ
サンドイッチになるのか、
前方に押し出されるのか、
の違いですね!

 

ただし!!

 

漫画じゃないですからね・・・

これをやってりゃ絶対に

助かるというものではないです。

が、少なくとも目の前が

壁だと即死の可能性が高まります。

 

という理由から

自分がすぐに最後尾に

なってはいけないんですね!!

 

つまり・・・

 

理想は

リレー形式です!!

 

ただ・・・

残念ながら「理想」です。

 

最初に説明しましたように

9割の人はすぐ最後尾になろうとするので

リレー形式にはできないのが現状です。

 

ですが、一応解説します。

まず、この状態ですね。

 

 

あなたがポツンの状態です。

 

そこへ後続車が来ました。

 

後車がハザードを点灯しました。

ハザードを点灯したということは

状況を把握できているということです!

 

このタイミングであなたは

ゆっくりと進んで行き最後尾になります。

 

と同時に、

後続車がポツンになります。

 

この状態です。

 

これが理想ではあります・・・

しかし現実は違うので・・・

 

現実としては

後車がハザードを点灯したら

ゆっくり前進して時間をかけて

列に合流するといった感じです。

ゆっくりです。

高い確率で後車はあなたについて来るので。

 

そして

可能な限りは前車(現最後尾の車)と

間をあけて止まります。

 

あなたが2台なり3台を

引き連れて列に合流する形です。

 

本当を言うとですね

あなた1台の動きで周り全てを

守れれば良いのですが、

そうもいかないので・・・

現実としては自分の身は自分で守る

になります。

 

 

あなたが数台引き連れて

列に合流すれば

その後に「追突」が来たとしても

おそらくあなたは大丈夫です。

 

なんかこう・・・

文字にすると

冷たい感じがしますよねえ・・・

 

しかし、みんながこれを把握して

実行しないと、みんなの身は守れない

というのが現実です・・・

 

高い確率で後車は普通について来て

普通に最後尾になるので・・・

 

 

また、これを実践すれば

追突される可能性・死亡する可能性は

本当に下げることができますが

 

・・・

 

気付きが遅い

ブレーキングが遅い

という場合には

100mという保険は大きいのですが

 

・・・

 

後車が大型車かつマックススピードで

「寝ている」場合は・・・

 

うーん・・・て感じです。

 

ただ、1つ言えるのは

最後尾に居たら・・・

本当に即死です。

 

「1秒」のような長い時間はありません。

本当に瞬間です。

 

注意すること!

 

現実的に一番あるであろう

シチュエーションとしては

 

渋滞確認!

ハザード点灯

「すでに後車が何台か居る」

だと思います。

 

この場合は100m手前で

止まろうとしないでください!

 

後車が理解していればいいのですが、

そうでなければ「そこ」

追突事故が起こる可能性があります。

 

「なんでそこで止まるの!?

 うわ!間に合わん!!」

 

ガシャン・・・

になる可能性が高いです。

 

この場合は普通よりは早めに減速して

(急ブレーキはダメです)

止まることなくゆっくりと列に向かいます。

列に合流するまでの

時間を稼ぐ感じです。

 

そして可能な限り一時的に

列よりは少しでも手前で止まります。

 

 

また、このケースのときは

あなたの力で周りを守ることも可能です。

 

今説明したように、前方の渋滞を確認したら

すぐさま速度を落とします。

かと言って、すぐに止まるわけではありません。

 

つまり、あなたより後ろの車の速度も

あなたがコントロールできるわけです。

これにより、多くの後続車の速度を

落とせているわけですから、

追突の可能性を低くできます。

 

また、後続のどこかで追突が起きた場合でも

ダメージが少ないわけです。

 

ポイントは少しでも走っている時間を長くする

ということです。

 

基本的には時速100キロで走行していて、

突然目の前に時速0キロの物が現れるから

追突してしまうわけです。

 

それが時速0キロではなく、時速50キロなどであれば

速度差は50キロですから全く違ってくるんですね♪

 

前もって、全体の速度を落としてやれば

事故が起きる可能性を低くできます。



出張料、査定料、諸費用等、一切無料!!

 

まとめ

 

どうでしょうか!?

ご理解いただけましたか?

 

今回のお話の内容で

最も重要なことは・・・

 

すごい勢いで後車に追突される

という前提で行動するということです。

 

ハ ナ
ハ ナ
「追突されるもんだ」と思ってください!

 

おそらくですが・・・

僕を含め、これを読んでいただいている方の中に

「追突されて1回死んでる人」は居ないと思います。

 

しかしです!!

だから明日も大丈夫とは限らないんです!!

 

例えば今回の内容で実際に行動したが、

結局は後車もすぐハザード点灯させたし、

特にやる意味は無かった・・・

という場合、何か損をしていますか?

 

・すごくお金がかかった

・時間がかかった

・とんでもない労力だった

 

などは無いですよね?

 

ですから、

何も損をするようなことはありませんから

最悪のケースを想定して行動しましょう!

 

後ろに壁(後車)が無い状態は

恐ろしいことだという感覚になってください。

 

 

ハ ナ
ハ ナ
最後に僕の体験談です♪

 

大型トラックに乗務中のことです。

○○バイパスで前方が渋滞していました。

 

今回お話したように、列より100mぐらい手前で

停止してハザードを点灯させていました。

しかも緩やかなカーブ・若干の下り坂の場所です。

気持ち悪いシチュエーションです。

 

で・・・

2分ですよ!2分!!

後ろが来ないんですよ汗

この状態の2分は長すぎる・・・

後ろが気になってしょうがない・・・

 

「なんで!?」と思ってたら・・・

来ました!!

 

よりによって大型トラックが(゚Д゚;)!?

 

こういうときは本当に怖いです。

その大型トラックからすれば

先が渋滞していることなんて知りませんし、

ついさっきまで前方には1台も居ない状態で

爽快に走ってきているわけです。

 

大丈夫よね!?

ちゃんと気付いてくれよ!?

 

しかし、すぐにハザードを点灯してくれました!

 

この瞬間に僕は前進します。

 

そして・・・

その大型トラックは・・・

僕が止まっていた位置で止まったんですよ!

僕について来なかったんです!

「ポツン」になったんです!

 

つまり・・・

何が言いたいかというと・・・

 

ごめんなさい(゚Д゚;)

疑ってごめんなさい!!

プロ中のプロだった(゚Д゚;)!!

失礼しました泣

 

というお話でした(^^ゞ

 

 

ですから、本来は渋滞の最後尾というのは

このぐらい怖いことなんです。

 

もちろん一般道であればそこまで

警戒することもないとは思いますが、

制限速度が100キロだったり

70キロだったりする道路では

渋滞というのは本当に怖いことなんです。

 

普通に最後尾になってスマホを

見てる場合じゃないですよ?

追突されない保証なんてないんですよ!?

 

 

仮に、追突された場合・・・

確実に追突した方が悪いです。

間違いなく・・・100%悪いです。

 

だったら追突されてもいいですか?

という話です。

 

違いますよね?

「俺は悪くねえし」

「絶対に相手が悪い」ではなくて

追突されない方がいいですよね?

 

ですから、「防衛運転」は必要です!

 

 

今後はぜひ今回お話したことを

実践してみてくださいね(^O^)/

 

 

「100m」と言っているのは

別に決まってないですからね(^^ゞ

「50m」かもしれないし「150m」

かもしれません。

 

また、ミニカー解説なので

「m」との縮尺は無茶苦茶ですが、

そこはご勘弁を(^^ゞ

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

夏SALE開催中!
台数限定で大幅値引き!
今すぐ!!
↓ ↓ ↓

【関連記事】

・防衛運転の大切さを語る

・運転上手くなりたいですか!?

 

 

 

2件のコメント

  1. お疲れ様です。
    ハザードは炊いていましたが、こんなことは全く考えていませんでした。早速実践してみようと思います。

    1. 80ノア 様

      コメントありがとうございます!
      リレー形式にはなかなかできませんが、
      ご自分だけのときなどは
      この方法が確実に安全です(^^♪

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA