その他

なぜ自分の運転レベルがわからない?上手くなりたいんだろ?【運転が下手な人の特徴】

こんにちは

最近は車いじりと・・・

(やっと車高が決まった・・・)

会社で「教育係」として忙しかった…..

現役大型トラックドライバーのハナです(^^ゞ

 

今回は、その教育期間中に起きたことを

解説して「運転が上手くなりたい」と

思っている人達のお役に立てればと思っています。

 

べつにトラック屋に特化したお話を

するわけではないので、

「運転が上手くなりたい」と思っている人は、

ぜひ最後まで読んでいただければと思います。

 

結論から言いますと・・・

「自分の運転レベルがわかっていないと始まらない」

ことと

「やる気」

です。

 

これは「自分で上手いと思っている」と

話にならないということと、

「自分には何が足りていないか」を

理解できないと補いようがないということです。

 

そして、そもそも本当にやる気がなければ、

「自分は運転が下手だ」と思っていても

そこから先はありません。

 

そこで今回は

・口先だけでは意味が無い!!

・自分のウイークポイントは?

・教育中に起きたことを紹介します!

という内容でお話します。

 

しつこいようですが、

「運転が上手くなりたい」と

思っている人達へ向けてのお話です。

 

購入したタイヤは予約をした店舗に直送されるので、
指定日にクルマで店舗に行くだけ!
↓ ↓ ↓

TIREHOOD

口先だけでは意味が無い!

いくら自分で

「僕は運転が下手なんです。僕は運転が下手なんです。」

と言っていても・・・

本当にそう思っていなければ意味はありません!

 

確かに体裁を考えると

「え?僕ですか?上手いですよ?」と言うと・・・

あまりよろしくありませんね(^^ゞ

 

ただし、本当に体裁だけ考えて

舌先三寸で言っているのでは意味が無いということです。

そういうタイプの人はすぐにわかります。

 

要は「言っていることと、やってることが違う」という

非常にわかりやすいことになっています。

 

周りに居ませんか?

・「私は運転が下手なんです。」と言っている割には

 そこそこ狭い道で速度を出す人・・・

・「僕は運転が下手なんです。」と言っている割には

 運転のことをなぜか上から言ってくる人・・・

 

絶対に本気でそうは思ってないだろ!?

て人ですね・・・汗

 

ですから、「言っていればいい」わけではないんです。

思っていないと意味は無いんです。

 

自分のウイークポイントは?

さて・・・

これって難しいのがわかりますか?

 

例えば「バック駐車が苦手!」などは

簡単に出てくるはずです。

それ以外はわかりますか?

 

実はこれ・・・

なかなかに難しいです。

頭の中を無にしてから360°どの方向から

どのように考えればいいのか?

 

やってみてください!

どーぞ!

 

3

 

 

2

 

 

1

 

 

わかりましたか?

難しいでしょ(゚Д゚;)!?

 

ですから、これは・・・

「人と比べる」のがわかりやすいです!

知っている人に限らず、

そこら辺を走っている知らない人でもOK!

 

周りの車をよく観察していれば

今まで自分単体では気付けなかったことに

気付くことが出来るはずです。

 

もちろん反面教師もたくさん居ます笑

 

ハ ナ
ハ ナ
「観察する」というのは
本当に勉強になります

 

そして最も良い方法は・・・

「自分よりも上手いであろう人」に

横に乗ってもらって・・・

「バンバン指摘してもらう」ことです!!

間違いなくこれが最強です!!

 

ただし・・・

ある程度の精神力は必要です・・・

覚悟して実践してください笑

 

ボコボコにされて

帰り道で運転に集中できないようなことには

ならないように要注意です(^^ゞ



教育中に起きたことを紹介します!

僕が教育担当になった新人さんは

大型免許を取って来たばかりの

今までトラック運転手の経験が無い人です。

(乗用車は10年以上乗っています。)

 

この人がですね・・・

↑でお話したような人なんですね。

 

普段から

「僕は全くのド素人で、

 特に運転も上手いわけではないので…

「でも、やる気だけはあるんで!!」

と言っています。

 

普通はこのパターンだと

教育で手こずるようなことはありませんが、

完全に悪い方のパターンだったんですよ・・・

 

なので4日目で僕がくらわせ・・・

注意をしたわけです。

 

「ちょっといいか?

 自分はトラックはド素人なんよね?

 自分でも運転が下手だと思ってるんよね?

 申し訳ないけど、その通りなんよね。

 

 この数日運転を見させてもらって

 オレが指導してる内容は

 普通自動車第一種免許の内容なのよ。

 大型の指導なんて全く出来てないのよ。

 言いにくいんだけど・・・

 通勤で使ってる車ですら

 明らかに普通に乗れてないはずなのよ。

 ごめんけど、あなたはそういうレベルなの。

 

 ウチは確かに「未経験者OK」なんだけど、

 運送会社は教習所ではないんよね?

 免許を持ってるんだから、教習所でやることは

 出来るはずよね?

 なのに、教習所でやることをまた1から

 教えたりはしないのよ。その先をやるの。

 

 で、オレはAさんやBさんのように技術が優れている

 わけではないけど、未来の事はわからないけど、

 少なくとも今日現在ではあなたより

 オレの方が運転が上手いと思うのよ。

 それは理解できる?

 だったら助手席に乗ってるときにボケェーっと

 景色眺めてるんじゃなくて・・・

 死ぬ気でオレの運転を見とけ。

 

 自分で言うのもなんだけど、

 ここまでは誰も言ってくれんぜ?

 オレはあなたの「人気投票の1票」に興味は無い。

 好かれようが嫌われようが知ったこっちゃねえ。

 オレの仕事はあなたを「出来るようにする」こと。

 それ以上でもねえし、それ以下でもねえ。」

と。

 

今回の新人さんは言ってることは立派なんですけど、

言ってることとやってることが釣り合ってないんです。

 

「自分は下手だ」と言ってる割には

僕が運転していて、助手席に乗っているときに

あまり集中しているわけではないんです。

普通であれば僕の運転を必死で見て

すぐに出来ることはすぐにマネをするはずです。

 

新人さんが運転して僕が助手席に

乗っているときに指摘している内容は

「車間距離が…..」

「右折時に直視しろ」

「直進バックなのにハンドル切りすぎ…..」

など…同じ指摘の繰り返し…..

 

で、↑の紫の文字のように

注意をしてどうなったと思います?

 

「僕のためを思って言ってくださったことに

 感謝しています!

 確かにあまり本気になれていなかったと思います。

 今後は頑張ります!!」

と、素晴らしい返答を頂いたのですが・・・

 

20%だったやる気が50%になったぐらいでした。

 

これはもう無理だろうな、と思った数日後に

新人さんから話があり、家の事情で退職すると。

これ自体は本当のことのようですし、

誰が悪いことでもありません。

しょうがないことです。

 

なので、最後に僕からのアドバイスとして

「もし、数ヶ月後に働ける環境になったときに

 またプロドライバーを目指すなら

 小さいトラックからでもいいんじゃないか?」

と言いました。

 

すると真面目に

「そうですね!条件が良いなら

 2トンでも4トンでもいいかなとは思います。」

 

ハ ナ
ハ ナ
こういうところ…
こういうところなんですよ…..

 

言うまでもなく、

誰しも好きな職を選べる権利はあります。

ただ「やる気が無い」おまけに「実力も無い」のに

「条件が良ければ小さいのでも我慢するか!」

とか・・・

 

いや・・・

あなたは軽自動車でも無理なのよ・・・

というのが現実です。

 

このように面と向かってハッキリ言われても

自分の実力が理解できない人は

一生上手くなることは無いです。

 

また、これと同様に最も大事なのが

「やる気」です。

 

本当に下手でも、本当に下手だと理解し、

本当にやる気があれば大丈夫です。

大きな車でも運転出来るようになります。

 

まとめ

運転が上手くなりたければ、

まず自分のレベルを理解することです。

何が自分には足りていないのかを探しましょう!

 

そして、練習をする必要がある場合もありますが、

そこに関係してくるのは「やる気」です。

本当に上手くなりたいと思っていれば、

自然と努力しているはずです(^O^)/

 

プラスαとしては、

良い先生を見付けることが出来れば

かなりの近道になります(*^^*)

 

 

今回は会社での「教育」を元に

これはみなさんに伝えておきたい!

と思ったので記事にしてみました(^^ゞ

 

今日も安全運転でいきましょうね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

今人気のサブスク!
詳しい説明動画あり♪
↓ ↓ ↓ 


【関連記事】

・幅寄せが苦手な人へ!

・運転中に「賭け事」はしないように!

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA