危険な運転

車間距離不保持は「下手くそ」の証!器の小さいセコい運転はやめましょう!

こんにちは

現役大型トラックドライバーのハナです。

 

街中でよく見かけます・・・

「煽っているつもりはない」が

前車にベタ付けで走行する車を・・・

 

もちろん中には煽っている車も居ます。

「早く行け!!」というやつですね。

 

今回のメインは

「煽っているつもりはない」の方を

重点的にお話していきます。

 

どちらにせよこれは「道交法違反」になります。

が、この話はしません(^^ゞ

 

ベタ付けしている車・・・

結論から言いますと、

これはかなり危険です!!

 

言うまでもなく

前車に追突する可能性が高くなります。

実はこれだけではないんですよ?

前車が障害物となり視野が狭くなりますから

「認知・判断・操作」が後手後手になります。

 

追突に関しては

どちらが良いとか悪いとかの話ではないのですが、

自分の意思で煽っている人よりも

「煽っているつもりはない」人の方が追突事故を起こす

可能性は高いです。

 

なぜかと言うと・・・

前車に近いという感覚すら無いからです。

 

ハ ナ
ハ ナ
全く何も考えていないということです… 

 

そこで今回は

・ベタ付けはどのように危険なのか?

・追突さえ防げれば問題ないのか?

・僕が実際に見た光景

を解説したいと思います。

 

「煽っているつもりはない」人たちに

わかってもらえたらと思っています!!

 

1日3G制限、3日で10G制限なし!
わかりやすい紹介動画あり。
↓ ↓ ↓

ベタ付けはどのように危険なのか?

「煽っているつもりはない」人達は

間違いなくこう思っています。

 

「ブレーキが間に合わなかったことなんてないよ?」

「実際、追突したこと無いし!」と。

 

それは今までの経験からでしょうから

間違いは無いと思います。

 

ただし!!

今までの経験は前車が

急減速した経験しかないはずです。

 

そうなんです。

確かに前車が急減速であれば

少々ベタ付けしていても間に合います。

 

ここまで聞いて

「なら問題ないじゃん?」と思った・・・

そこのあなた!!

 

それはちょっと考えが浅いんです。

 

前車が急減速ではなく、

急停止したらどうです!?

 

わかりますか?

止まるということです。

時速0キロになるということです。

 

想像してみましょう(^O^)/

目を閉じて本気で想像してくださいね。

想像してもらう内容はこちらです。

 

あなたは前車にベタ付けの状態で走行中です。

ベタ付けしているということは、

前方の状況はろくに見えていません。

前車しか見えていません。

 

突然前車が急減速から・・・

そのまま急停止!!

 

これを想像してみてください!!

想像開始!!

 

3

 

2

 

1

 

どうでしょうか?

想像できましたか?

リアルに想像してみて

「変な汗が出た」

「変な汗が出るぐらいだった」

という人は正常です。

 

要は突然目の前に壁が現れる感覚です。

 

適切な車間距離を保つ必要があるというのは

前車が急減速したときのためだけでなく

急停止したときに追突しないためです。

 

ハ ナ
ハ ナ
これを考えていないといけません!

 

もちろんベタ付けしていては、前車が障害物となり

前方の情報を得ることもできません。

 

ですから、自分のいつもの車間距離で想像して

「追突するかも・・・」と思うのであれば

前車に近すぎるということになります。

 

もちろん前車が急停止する可能性が

どれぐらいあるかというと・・・ほぼ無いでしょうね。

だから「明日も無い」「今後も無い」と言い切れますか?

それは何の根拠もない「ただの賭け」ですからね?

 

追突した場合は相手を殺す可能性があるだけでなく、

自分自身もそうですし同乗者が居れば

同乗者もそうなる可能性があるんですよ?

 

追突さえ防げれば問題ないのか?

こんな人が居ます。

「俺のは外品のブレーキにしてるから」

言ってる意味はわかります。

前車よりも自分の方が制動力が高い場合は

前車が急ブレーキを踏んでから、

自分が急ブレーキを踏んでも間に合います。

 

だったら問題ないと思います?

 

そう思うなら・・・考えが安いんです。

 

あなたが「煽っているつもりはない」としても

ベタ付けされている前車は・・・

気分が良くないわけです。

イライラしているわけです。

 

世の中にはこのイライラを

ずっと我慢できる人と

我慢できない人が居ます。

 

この「我慢できない人」の場合・・・

どうなると思いますか???

 

僕が実際に見た光景

僕が片側2車線の道路の左車線を走行中のことです。

右車線に僕と同じぐらいの速度の車が居ました。

 

「その速度ならこっちを走ればいいのに…」

と思っていました。

(僕は黄色の車、進行方向は下です。)

 

そこへ右車線後方から1台追い上げてきました。

右車線の車にベタ付けの状態です。

「いきなり戦闘態勢か!?」と思い、

その車を見てみましたが・・・

そのつもりは無いようです。

表情も普通でしたし、走行ラインも前車と同じです。

左右どちらかに大きくズらしていることもありません。

「なるほど・・・煽っているつもりはない』

 ということか・・・」と僕は見ていました。

 

1分後ぐらい?に、右車線の車が

僕の前に(左車線)入って来ました。

すると「煽っているつもりはない」車が

追い抜いて行きました。

その瞬間です!!

僕の前に入ってきた車が

すぐさま右車線に戻りました。

「煽っているつもりはない」車にベタ付けです。

 

と同時に

「ピーーーーー!!」

クラクションを鳴らしっぱなし

ハイビームの状態になりました。

それからすぐの交差点で2台は右折、

僕は直進だったので、この状態を見たのは

5秒も無いぐらいなので結末はわかりません。

 

ただ、「煽っているつもりはない」車の

右折のスピードがすごかったので、

さすがに「今、自分は煽られている」とわかり

逃げる態勢に入ったようでした。

 

要は・・・

こういうことになる可能性もあるということです。

 

これ・・・

下手したら殺されますからね!?

 

いつも同じことを言いますけど、

殺された場合、確実に相手が悪くなりますが、

相手がちゃんと法で裁かれさえすれば

「殺されてもいいんですか?」という話です。

 

殺されない方がよくないですか??

 

まとめ

今回この記事を読んでいただけた方は

まず、ご自分のいつもの車間距離を

確認・見直ししてみてください。

 

今までの「考え方」ではダメですよ!?

前車が急減速・・・ではないですよね?

そうです。

急停止しても追突しない車間距離

取れているかどうか。

 

車間距離が短いというのは・・・

本気で何一つメリットがありません。

逆に適切な車間距離を保って走行すると、

追突を防ぐことができるだけでなく、

全てに「余裕」が生まれます。

 

ハ ナ
ハ ナ
「余裕」のある運転をしましょう♪

 

↑で説明した方法で本気でリアルに想像して

ご自分で「ちょっと近いかな?」と思った方は

今日から改善してみてください。

「全てに余裕が生まれる」の意味がわかりますから。

 

今日も安全運転でいきましょうね(^O^)/

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

複数の買取店からの不要な営業電話に悩まされない!
一括査定でも電話は1店のみ♪
↓ ↓ ↓

【関連記事】

・運転が上手くなるためには?

・すぐに渋滞の最後尾になってはいけない!

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA