その他

究極の道の譲り方を紹介!【プロの技】

こんにちは

現役大型トラックドライバーのハナです。

 

今日は珍しく・・・

プロ目線でのお話になります(^^ゞ

 

ハ ナ
ハ ナ
道の譲り方のお話です♪

 

みなさんご存知の通り

譲り合いは大切ですよね♪

みなさんも譲ったり譲ってもらったり

していると思います。

 

今日のお話は1つポイントがあるのですが、

普通のパターンだと

 

パッシングをしたり、

手で合図をしたりして

「どうぞ(^^♪」

 

これに対して

会釈をしたり手を挙げたり、

サンキューハザードだったりで

「ありがとう(^^♪」

となりますよね。

 

ですが、今日お話する譲り方では

これらの行為は一切ありません!

 

 

つまり・・・

これらの行為のような

譲ってあげたという事実が表に欲しい方には

向いていない譲り方になります。

 

ですが・・・

そんなことが出来るのでしょうか?

 

前以て前車との距離を離しておく

 

以上です。

本当に以上です笑

 

例えば対向車が右折でお店に入るため

右ウインカーを点滅させて

止まっているとします。

 

これを早く察知できた場合、

この段階で微妙に速度を落とします。

前車は離れて行きますよね。

 

ここで僕の車と前車に

ハッキリとスペースが

出来た場合・・・

 

 

どうなると思いますか?

 

対向車は

前車と僕の間で右折を開始して

お店に入ります。

 

なぜか?

空いているから。

 

僕はパッシングも何もしていません。

対向車はお礼も何もしません。

 

なぜか?

空いていたから右折しただけ

だからです。

 

 

みなさんもそうですよね?

 

右折でもいいですし、

お店から出る時でもいいですし、

十分なスペースがあって

「100%安全」と確信が持てれば

動きますよね?

 

その状態を意図的につくる

ということです。

 

 

ですから

合図もありませんし

お礼もありません。

 

誰にでもできる?

 

第一条件は早く察知すること。

これが出来なかったら

絶対にできません。

 

ですがこれは

能力というよりは状況です。

 

わかりやすいのが

まず車です。

 

僕が通勤用の軽四に乗っている時と

仕事で乗っている大型トラックだと

どちらが早く察知できるかというと

当然、大型トラックです。

 

理由は遠くまで見えるからです。

 

では軽四では無理なのかというと・・・

 

直線では難しいというのは事実ですが、

無理ではありませんし、

下り坂や、コーナーでは先の方まで

確認することが出来ることもありますから

無理なわけではありません(^O^)/

 

 

あとは当然そのときの

道路状況も関係してきますしね。

 



やり方を解説

 

早く察知して譲ると決めたら

速度を落とすわけですが、

5~7キロぐらいですかね?

 

速度ムラの幅ぐらいです。

 

ここで15キロとか落としていては

後ろに迷惑がかかりますからね(゚Д゚;)

 

こちらの車線の流れを悪くしないように

最小限に済ませる必要があります。

 

 

徐々に前車との距離が開いていきます。

 

これで何もしなくても右折可能な

スペースが確保できたわけです。

(十分なスペースを確保する必要があります)

 

ここからがポイントになりますが、

右折車が

「あ!空いてる!」と

右折を開始した瞬間に

こちらも加速します。

 

5キロ落としたのであれば5キロ

7キロ落としたのであれば7キロを

元に戻さないといけませんからね。

 

これを右折車が右折し終わってから

踏んでいたのでは遅いわけです。

 

 

距離がある前提ですからね?

目の前で右折してるならダメですよ笑

 

最初にもお話しましたが、

右折車が右折するときには

会釈もせず、手も挙げず

右折していきます。

 

理由は

空いているから

右折しただけ

だからです。

 

 

ですから、

第三者も含めて

譲ってあげたと知っているのは

 

 

・・・

 

 

 

そう・・・

 

 

 

自分だけです(^^ゞ

 

まとめと笑い話

 

もちろん状況によっては

パッシングをすることはあります。

 

・思ったほど前車との距離が・・・

・右折車の反応が遅い・・・

など。

 

 

とりあえず

パッシングはするようにする

というのも手ですが、

それをすると

相手がお礼をしてきますからね。

 

右折を譲ったぐらいのことで

要りませんしね。

お礼。

 

そんな気を遣う必要も無いでしょう。

(お礼をした方が良いパターンの

別の記事を下に貼っておきます。)

 

 

ですから最初にお話したように

究極は

たまたま空いていた

状況を

意図的につくる

ということです(^^ゞ

 

誰にも気を遣わせない!!

 

 

ところがですよ・・・

 

何台かなぁ・・・

15台に1台ぐらいかなぁ・・・

 

右折するときに

手を挙げて行く車が居るんですよ!?

僕はパッシングしてないのにですよ!?

 

僕が

「この距離感は完璧だ」

と思ってるぐらい

完璧にスペースが確保できているときにです。

 

 

・・・

 

 

・・・

 

 

なんでバレた!?

 

 

誰だチクッたのは!!

 

 

と運転席でパニックです笑

 

という感じで、

中にはカンの良い人が居るようです。

 

 

最後に余談ですが、

僕は譲る時の自分のルールとして

渋滞時や低速走行時は別ですが、

それ以上の速度の時は

自車のブレーキランプを

点灯させるのであれば譲らない

と決めています。

 

またこれはこれで

記事にしようと思います(^O^)/

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

関連記事はこちら

道を譲るときのプロの思考!

 

2件のコメント

  1. こんばんは。
    >なんでバレた!? あはははw
    読んでてニヤっとなりましたw いや、こうゆう経験ありますね。
    たぶん、同じ事するドライバーじゃないでしょうかね。 勘のいい人。
    あるいは、普通に「ちょっと空いてたから行かせてもらった すまん!」みたいな。
    ただ、やっぱり色々な人が居るので、結局何のためにアクセル操作したんだよw って、、ありますね。
    今日、ちょうど 似た感じのシチュエーションっていうか、、
    枝道があって、 こっちは右折するんですが、出ようと停止する車は右折 つまり、こっちの進行方向に行きたいって場面で、その枝道が狭い。 停止してる車が行ってくれたほうが安全に曲がりやすい。 って場面で
    やっぱり、ちょっと前からスピード落としてタイミングを作ってあげるとか、あるいはパッシングしちゃうとか。
    しかし!
    やっぱり、よく分かってないw というか、、 って人が居ますねw
    気が付いてくれず、、 って時、何かすごく寂しい気持ちになりますw
    適正検査 ってありますよね? あれ、もうちょっと 「その辺を各自、気を付けながら運転してください」とかじゃなく、もっと教習所の段階で指導すべきじゃないのか? って思いますね。
    交通ルールも大事ですが、車を運転する適性 反射神経であるとかをもっと… なんというか、人間 器用不器用があるんだから、何でも卒業させて はい、免許 ってのもどうか? って思いますね。
    また、 長々w 失礼しました。

    1. 七月海猫 様

      コメントありがとうございます!

      おっしゃる通りですね!なるほど!
      バレたときは確かにお相手が同じことをしている人かもです!!
      すごく納得できました(^^ゞ

      「気付いてくれない」パターンもよくわかります!
      大型乗務中にそこそこ体験します(^^ゞ
      「待ってくれてるのはわかるけど・・・
       あなたが居るからこっちは動けないんです・・・」
      というやつですね汗

      確かに今はお金を出せば免許を買えてしまいますもんね・・・

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA