人気記事

道を譲る時の・・・プロの思考とは?【初心者さんでも即実践可能!】

こんにちは ハナです。

 

 

今日は珍しく・・・

プロドライバー目線でのお話です(^^ゞ

 

道を譲るというのは?

その人に対するためでしょうか?

というお話です。

 

 

1番わかりやすい

片側1車線の対面通行で

「信号の無い所で

対向車が右折待ちをしている」

シチュエーションで説明します。

 

 

想像してみてくださいね。

あなたが走行していると

対向車線で右折待ちをしている

車が居ます。

 

ウインカーを点灯させ

停止しているわけです。

 

減速して譲ってあげたことが

あるのではないでしょうか?

 

おそらく

「なかなか行けないんだな。

じゃ、自分が止まってあげよう。」

という感覚ではないでしょうか?

 

もちろん良いことですよね(^O^)/

譲り合いは大切なことですし、

何よりその「余裕」が素晴らしいです!!

 


 


しかし・・・

実はプロの思考は違うんです。

 

わざと悪い言い方をしますが・・・

右折待ちをしている車のことは・・・

 

 

どーでもいいんです。

 

悪い・・・

言い方が悪すぎる・・・笑

 

 

何が言いたいかというと

こういうことなんです。

 

 

対向車線に

右折待ちの車が居る

なかなか右折できない

右折待ちの後ろの車も

前進できない

その台数が増えていく

対向車線が渋滞する

 

 

これを防ぎたいんですね!

 

 

なので僕らは高い確率で

譲りますが・・・

 

右折車のために譲っているのではなく

「対向車線を渋滞させないため、

渋滞を解消するため」

に譲ってるんですね(*^^*)

 

 


 

 

ここからは豆知識です。

実践してもらいたいことがあります♪

僕が経験していることを

お話します。

 

↑のシチュエーションで

譲る側ではなく、

自分が対向車線の右折車の

後ろに居ることもありますよね?

 

で、対向車が目の前の

右折車を譲ってくれました。

 

 

どうなりますか?

 

そう、自分が前進できるように

なりますよね?

 

この時です!!

 

この時に、譲ってくれた車に

あなたがお礼をするんです!!

手をあげる、会釈する、

クラクションを鳴らすなど。

 

 

え?なんで??

自分を譲ってくれた

わけじゃないぞ?

 

となりますよね(^^ゞ?

 

これはですね、

前に居る右折待ちの車を譲ってくれた

ことで、自分たちが動けるようになった

ということで、

列の先頭に居る車が

お礼をするというものです♪

 

プロの世界ではごく当たり前のことなんです♪

まさにポイントはここなんです!!

プロの世界では当たり前でも・・・

 

僕が大型トラック乗務中に

前車が右折をしたく止まり、

僕も止まります。

 

対向車のトラックやバスが

その右折車を譲ってくれました。

 

僕の前に居た車が

居なくなったわけですね?

 

つまり僕は前に進めるように

なったわけです。

 

 

ここで必ず100%、右折車を譲ってくれた

トラックやバスにお礼をします!

 

「あなたが譲ってくれたおかげで

前に進めるようになったよ♪」

ということです。

 

 

手をあげれば必ず返してくれます。

 

 

しかしです笑

 

僕は一般車が譲ってくれた時でも

お礼をするのですが・・・

 

そもそもこっちを見ていません笑

 

まあ、そうですよね(^^ゞ

譲った車と譲ってもらった車

そのやり取りは行われているからです。

 

 

これを読んだあなた!!

今度から

プロの思考になってみませんか!?

 

 


 

 

あなたが対向車線の右折車を

譲ってあげて、その後ろが

トラックやバスだった場合は

気にして見ててください。

あなたに手をあげてくるはずです♪

 

 

その時は

「えーよ♬えーよ♬」

返してあげてください!(^^)!

 

逆に、あなたの前に居る

右折車を対向車線の

トラックやバスが譲ってくれたら

「サンキュー(^O^)/」

手をあげてやってください♪

 

 

必ず返ってきますから(^^♪

 

 

一般車の方とこういう

コミュニケーションが取れると

こちらとしては嬉しいので!!

 

 

というお話でした(^^ゞ

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました♪





返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA