人気記事 危険な運転

事故を起こす人・起こさない人の違いとは?【それぞれの特徴】

こんにちは ハナです。

 

今回は実は全然違う記事を

書くつもりでしたが、

僕が勤めている会社(運送会社です)で

事故が多発しているので

急遽その記事を書いています。

 

 

まず「働く車」にお乗りではない方は

事故と聞くと

「人をやったんか!?」

「相手の車は何だったん!?」

のようになると思いますが、

自社の敷地内で壁にコツンでも

事故なんですね。

 

 

ちなみに今回の事故も幸いにも

公道でしているものはありません。

しかし・・・

多発しているから怖いです・・・

 

とばかりも言ってられないので

今回は、事故を起こす人と

事故を起こさない人の違いを

解説していきます!

 

 

ご自分に当てはめて

考えてみてください。

そして、修正する必要があれば

修正していただければと思います。

 

【無料】自動車保険を複数の保険会社から一括見積もり請求!

事故多発の現状

 

社内で事故が多発しているわけですが、

この1年~2年に集中してしまっています。

 

ここでまず・・・

ポイントがあります!

 

例えば1年間で10件の事故が

起きていたとして、

事故を起こした人間が

10人かというと・・・

 

違うんですよ!!

 

ここがポイントです。

 

今回の場合、10件だとしたら

事故を起こした人は6人です。

 

つまり、

A君→1件

B君→1件

C君→2件

D君→2件

E君→2件

F君→2件

 

という内訳です。

 

↑でもお話したように

今回続いている事故は全て公道以外の

積み込み場、降ろし場での

「コツン事故」なのが幸いです。

 

人がケガをしたということはありませんし、

物同士でも「ガッシャーン!!」

レベルのものも1件もありませんでした。

 

ふぅ・・・

 

 

では、ここからは

・10件なのになぜ10人じゃないのか?

・なぜ複数件やってる人が居るのか?

を「タイプ別」に見ていきましょう。

 

 

「イライラ」タイプ!!

 

これはみなさんおわかりかと

思います。

事故を起こす典型ですよね。

 

2件やってる全員がこれです。

 

 

イライラタイプというのは

要は「賭け事」なんですよね。

 

このタイプのメリットとしては

「何も起きなければ」

他人より仕事が速いです。

 

積み込みも全開、

走行も全開、

(120キロという意味ではないですよ)

降ろすのも全開、

休憩も最低限のみ、

1秒でも早く家に帰りたい。

 

もう一度言いますが、

「何も起きなければ」

確かに他人より速いです。

 

が、リスクが高すぎるんですよね。

ハイリスクローリターンなわけです。

 

 

対して、イライラタイプではない人は

どうかと言うと、

明らかにイライラタイプの人より

事故は少ないです。

 

もちろん0ではないですけどね。



「イケイケ」タイプ!!

 

これはわかりやすく言うと

「楽観的」になるかと思います。

 

あまり深刻に考えずに

「行けるやろ」になるわけです。

 

今回2件起こしている全ての人

プラス、1件起こしている人

1人に当てはまります。

 

 

このイケイケタイプの対極に居る人が

「ビビリタイプ」です。

 

圧倒的にビビリタイプの人の方が

事故を起こしません。

 

ビビリタイプの人のデメリットとしては

やはり多少は他人より仕事が遅い

ということになります。

 

積み込み、走行、降ろし

全てが確認確認確認になるわけです。

 

「全部積んだよな?

 間違ってないよな?」

 

「対向車が来てるな・・・

 狭いな…行けるかな…

 ここで待とう」

 

「全部降ろしたよな?

 忘れ物は無いよな?」

 

となるからです。

 

 

ただし・・・

イケイケタイプの人やイライラタイプの人が

3時間で済むところが5時間も6時間も

かかったりはしませんからね笑

 

学習能力

 

学習能力・・・

読んで字のごとくです。

 

神のような人間が居るならば

その人はどうだか知りませんが、

普通は人間というのは

「失敗して学ぶ」わけです。

 

コツンとぶつけてしまって学ぶ。

 

ぶつけてこそいないが、

降りて後ろを見てみると

「ギリギリやんけ(゚Д゚;)!?

 う、運が良かった・・・」

という思いをして学ぶ。

 

普通はこのような経験があれば

そこで学ぶわけです。

 

それを年に2回も同じことをするというのは

何も吸収できてないんでしょうね。

 

別の言い方をすれば

「忘れる」とも言えます。

 

事故をした翌日に

また事故をすることはないですからね。

 

その時にはいろいろと

思っているんでしょうが、

数日、数ヶ月経つと・・・

忘れているんでしょうね。

 

想像力のレベル

 

今回最もお話したいのはこれです!!

 

最悪のパターンを想像できないんです。

 

事故を起こす人と事故を起こさない人の

一番の違いはこれです!!

 

 

極端にわかりやすいのが、

ぶっ飛ばして走行する人や

ろくに確認せず走行する人です。

 

もし最悪の事故が起これば・・・

相手の命がそこで終わり、

多くの人が悲しみ、

自分の人生もそこで終わり、

多くの人に迷惑をかける。

 

これぐらいのことが

想像できないわけです。

 

これが想像出来れば

「そんな走行」

なんて出来ないんですよ。

 

「働く車」に乗っていなくても

同じことですからね?

どんな業種だろうとその瞬間から

もう出勤なんてことはできませんからね。

会社にも迷惑かかるわけです。

 

 

そして実はこれは

バックでコツンも同じことなんです。

「ここでもしぶつけてしまったら・・・」

と想像すれば回避できることの方が

絶対に多いんですよね。

 

 

ただし!!

この想像力の件は・・・

↑の「学習能力」でカバーできます!

 

一発目の代償は大きいかもしれませんが

(公道でぶっ飛ばして事故をしたとかは論外です)

「バックでコツン」などの場合は

学習能力を発動させることが出来れば

今後は変わってくるはずです!

 

↓ バイク保険一括見積もあり! ↓

インズウェブ自動車保険一括見積もり

結論!!

 

結論と言いつつ・・・

今回は結論は言いません笑

 

「結論詐欺」です笑

 

 

事故を起こす人と

事故を起こさない人の

特徴を解説してきましたが、

本当にこれは「事実」です。

 

ただし、正確には

「よく事故を起こす人」

「そうではない人」

ですかね。

 

コツン事故ぐらいだと絶対にあります。

理由は人間だからです。

 

ですから、基本的にはどの要素にも

当てはまらない人が居た場合は

「たまたまコツンとやったときだけ」

どれかに当てはまっているということが多いです。

 

「普段は時間に余裕を持っとていて

 イライラすることなんてないけど

 今回は時間が気になってしまって・・・」

 

「普段は最悪のパターンを想像して

 それを回避するため確認確認でやっているが、

 今回は○○のことで悩んでいて…確認が・・・」

 

という感じです。

 

しかし、人間だからなぁと言って、

「コツン事故ならいくらでもやっていい」

わけではありません。

 

 

ここで見極められるのが・・・

アベレージです

 

毎年やるのか?

5年に1回やるのか?

10年に1回やるのか?

20年に1回やるのか?

・・・

 

これで全く話は変わってきます!!

 

 

一応もう一度言っておきますが、

1000年に1度だろうが

危険運転をしていて人を殺しましたじゃ

お話になりませんからね?

 

そして今回は「結論詐欺」なので・・・

「どうするのが正しい!」

「○○しましょうね!!」

とは言いません。

 

あなたは↑のどのタイプを目指して

今後運転していきますか!?

 

最後まで読んでいただきありがとうございました♪

 

今人気のサブスク!
詳しい説明動画あり♪


 

【関連記事】

バック事故の事例を紹介!

詳細はこちら!

2件のコメント

  1. 事故担当をしています。
    今日は久々の出勤で、机の上には山のように書類が溜まっていました。
    それはいいのですが…「事故報告書」がありました。
    「事故報告書」は「事故記録簿」として運輸規則に基づいて
    会社保管の帳票としなければいけません。おりしも、国交省から例年通りの
    定期監査の予告も来てました。(俺がいないのはわかってるんだから、上席へ廻せや)
    今回のつまらない事故は、私がいつも言うところの「5%」の中の一人です。
    だから「つまらない」と表現しました。
    (※事故に「つまらない」は本来ありません。大きな事故の前兆でもあります)
    運行管理者の書く「事故経緯」と乗務員の「始末書」の内容がかみ合いません。
    この調べだけで、今日は半日潰れました。
    何故かみ合わないか。乗務員の認識が間違っているからです。
    反省のポイントが違います。安全確認・安全操作のポイントがそもそも違います。
    滅多に事故をしない乗務員の事故の「始末書」は書き直す必要がありません。
    自分に至らない点があった、もっと確認をすればよかった…という視点から始まりますから。
    そういう始末書はこちらも、なんとか乗務員有利にもって行こうと精査します。
    社内での事故懲戒査定の際も、「10年事故無く、勤務態度は模範である」と付記します。
    今日見た事故記録は違います。
    ここ5年で事故5件、クレーム10件の常連さんです。
    その乗務員は私と通勤経路が途中まで同じです。
    自分の車でも同じ運転です。後ろから見ればわかります。
    私がバス運転をしていた頃、同じ高速を走っていて見かけた運転と全く変わりません。
    度し難いのは、彼は自分が「下手ではない」と思っているところです。
    5%の事故・クレーム常連の乗務員のほとんどが「下手ではない」と自分で思っている点が
    共通しています。笑っちゃうようですが、本当です。他社の担当者とよく話しますが、
    同じ傾向です。
    事故を起こす人、それは、「身の程知らず」ということです。
    自分を客観視出来ない性質です。
    事故を起こさないベテランの先輩(年齢問わず)たちが、「下手なんだよ、あいつは」と
    よく言います。私も、最近はそう言うようになってしまいました。
    私より上の上司は全て親会社からの出向です。「彼はどうして事故が多いのかね?」と
    訊かれて、もう、面倒で、今日も報告の際言ってしまいました。
    「下手くそなんですよ。センスの欠如。以上であります」

    1. 今村喜兵衛 様

      コメントありがとうございます!
      いつもお世話になっておりますm(__)m♪

      事故担当をされてるんですね!?
      それは・・・大変ですよね・・・

      つまらない事故・・・よくわかります!!
      今回ウチで多発しているものの、ほとんどがそれです・・・

      しかし「自分は運転が上手い」と思っているのは共通点かもしれませんね!!
      確かにウチもその傾向はありますね・・・
      自分で上手いと思っているのはハッキリ言ってスタートラインに立ててませんからね。
      正直・・・論外ですよね。
      本来なら運転手以外の職に就くべきでしょうね。

      今後もいろいろと大変かと思いますが、応援していますので
      またお話を聞かせてください!!

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA