人気記事

なぜ「逆振り」が危険なのか解説します。【煽りハンドルは下手くそアピール】

こんにちは

現役大型トラックドライバーのハナです。

 

今回は、現在全国的に多発している

「大きな交差点でも」右左折する際に

逆振りしてから曲がる車のお話です。

最近では「煽りハンドル」

呼ばれていますね。

 

大きな交差点で逆振りをする

必要はありません。

意味が無いだけならいいのですが、

非常に危険です!

 

なんとかこの記事を読んでいただいて

何が危険かを理解していただければと思います。

 

今回は

・逆振り(煽りハンドル)とは?

・現在の状況

・逆振りはどう危険なのか?

・内輪差が気になる場合には?

を解説します。



逆振り(煽りハンドル)とは?

 

逆振りをするシチュエーションは

基本的には「狭い路地」に

進入するときです。

 

これは「内輪差」で内側の壁や縁石などに

後部ドアや後輪が引っ掛からないように

するためです。

 

このように逆振りしないと

曲がり切れない所は実際に存在します。

 

人によっては

毎日の通勤路や、自宅近くの路地など

逆振りしたくなくても、一度振ってから

曲がる必要がある場合もありますから、

逆振り自体が悪なわけではありません。

 

また、今回のお話は

速度を落としたくないから

手前からアウトラインを取り、

「アウト・イン・アウトで曲がる」

は含みません。

正確にはこれは逆振りではないからです。

 

現在の状況

「逆振り」(煽りハンドル)が

どのようなものか?

何のためにするのか?は

おわかりいただけたと思います。

 

ところが現在では・・・

「大きな交差点」で

「軽自動車でも」

振るようになってきたんです・・・

 

普通は大きな交差点の左折は

このようになります。

あらかじめ左に寄せておいて

いわゆる「インベタ」で

曲がって行くようになります。

 

ところが現在では

このように・・・

意味の無いことをする車がかなりの数存在します。

 

しつこいようですが、

今お話しているのは

「大きな交差点」のお話です。

言うまでもなく

振る必要はありません。

 

単純に自分自身に

ハンドルをあっちへ切ったり

こっちへ切ったりと労力を

増やしているだけです。

 

逆振りはどのように危険なのか?

さて、ここからが本題です。

「意味が無いかもしれないけど

 別にいいじゃん。こっちの勝手じゃん。」

と考える人も居るかと思います。

 

危険なんですよ?

死にたいですか?

って話です。

 

隣車線に車がいたらどうなりますか?

このぐらいのことがわかりませんか?

 

このような状態になるわけですから

 

こうなりますよね?

 

このように隣車線の車が

大型トレーラーのような場合ですと

あなた死にますよ?

という危険なことをしているんです。

 

そして悲しいかな・・・

こういう危険な行為を

する人に限って

右後方なんて見ていません。

 

ハ ナ
ハ ナ
実際に僕も大型トラック乗務中に
何度か急ブレーキを踏んだことがあります…

 

また、対面通行(片側1車線)の道路でも

逆振りする車は存在します。

 

このように左手にある店舗などに進入する際に

普通に進入すればいいのですが・・・

 

 

対向車が来ていても

このように進入する車が居ます。

 

これはですね・・・

いわゆる「逆走」になるわけですが、

そんなことはいいんです。

 

それよりも

おめえ死にてえのか!?

もしくは

殺してえのか!?

って話です。

 

つまり、これが危険だとわからない人間は

車を運転すべきではないんですよね。

 

内輪差が気になる場合には?

対策はあります♪

内輪差が気になっているわけですから、

ハンドルを切り始めるタイミングを

遅くしてください!

これだけです。

 

普通であればこの辺りから

ゆっくりとハンドルを切り始めます。

 

どうしても内輪差が気になるのであれば

このように「少し」切り始めを遅らせるんです。

 

これだけで大丈夫です。

ぶつけたくてもぶつけることは出来ません。

 

しかし、「少しだけ」遅らせてください。

 

これも極端なことをやっていると

周囲の車を惑わせることになります。

 

ハ ナ
ハ ナ
僕ら大型乗りがやっているのが
この走り方です!

 

大きな交差点であれば大型車でも

振ることはありません。

 

まとめ

ズバリ・・・

意味の無いことをしている時点で

それは・・・

「素人の証」です。

 

繰り返しますが、

今回お話しているのは

「大きな交差点でも逆振りする」

ということです。

大きな交差点では

逆振りする意味がありません。

どうしても

逆振りしないと曲がれないなら・・・

車を運転するのはやめましょう。

 

免許を取得して間もないのか?

何十年も経っているのか?

どちらにしても、

教習所では普通に出来ていたことが

出来ないわけですから、もう今は・・・

車を運転できるレベルには・・・

ないということです。

 

たまに、右折でもやっている車を見かけますが、

これなんて「意味すらわかってない」ので

最強の論外だと考えます。

 

ハ ナ
ハ ナ
自分で自分が何をやっているかが
理解できていないわけですから…

 

「大きな交差点を右折する」際に

本当に内輪差が気になるのであれば

二度と車を運転しないでください。

 

また、

「自分の車線内でやれば文句ないよね?」

と考える人も居るかと思いますが、

これは実際に検挙された

「自転車の煽り運転」

同じことをやっているわけです。

 

これはセンターライン付近を走行し、

対向車が近くまで来たら

一瞬だけ右へハンドルを切って

対向車を驚かせるというものでした。

 

これと全く同じです!!

 

自分の車線内でやっていようと

隣車線の車や対向車線の車は

「え!?何!?

 こっちに来るの!?」

ビックリするなんてものではありません。

 

ハ ナ
ハ ナ
ホントに生きた心地がしません…

 

 

おわかりいただけましたでしょうか?

普通に曲がれる所

余計なことをしてるんですから

「見てください!

 僕はこんな大きな交差点も

 普通に曲がれないんです!

 下手でしょ!?」

と自ら言っているようなものです。

 

普通に考えるだけでは

「自分には関係ない」

と思うかもしれませんが、

よ~く考えてみてください。

無意識に振ってたりしませんか?

 

これからは交差点を曲がるときに

意識してみてください!

もしかすると・・・

「あれ…今…振ったかも…」

となるかもしれません。

セルフチェックは大事です(^^ゞ

 

ハ ナ
ハ ナ
余計なことはせず
普通に曲がりましょうね!

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。



【関連記事】

・一気に2車線の車線変更してませんか?

これは非常に危険です!

車線変更は1車線ずつ行います。

・危険な運転は煽り運転だけ?

他にも危険な運転はあるんです!

 

 

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA