人気記事 危険な運転

一気に2車線の車線変更していませんか?【2車線またぎの恐怖・クラクションの重要性わかってますか!?】

こんにちは

現役大型トラックドライバーのハナです。

 

※ヘッダーに「ツイッターボタン」を

設置してますので、よければツイッターも

見てみてください(^^♪

 

みなさん!!車線変更するときに、

「一気に2車線」の

車線変更を行ったりしてませんか?

これは非常に危険です!!

 

今回はそれがどれだけ危険なことかを

僕の実体験を含めて解説します!

 

先日・・・

心臓バクバクものの出来事がありました。

ハ ナ
ハ ナ
同じような経験をしたことがある人も
居るかと思います!

 

片側2車線のバイパスを

大型トラックで走行していたときです。

左車線を走っていましたが、

とある乗り口でそこそこの台数が

上がって来ているのが見えたので、

前以て右車線に移っていました。

 

合流してきた1台が・・・

来たんですよ・・・

一気にこっち(右車線)まで・・・

 

で、本当に衝突しそうだったんで

クラクションを鳴らし上げたら・・・

慌ててハンドルを戻してくれました・・・

 

これは下手をすれば

死亡事故に繋がるような運転です。

 

ですから今回は

・2車線またぎとは?

・車線変更は1車線ずつ!

・クラクション鳴らせますか?

・クラクショの効果!

 という内容で解説します。

 

最後までお付き合いください。



2車線またぎとは?

この「2車線またぎ」という言葉は

世代や地域によって異なるかもしれませんが、

要は一気に2車線の車線変更を行うことです。

 

こういうことです。

 

車の動きが1本の矢印になっていますよね。

これがダメなんです。

 

危険です!!

 

どう危険か?

普通に考えて危険だと言うことは

わかると思いますし、

少し違う切り口で見ると

これがですねえ・・・

恐ろしいぐらいに・・・

 

2車線またぎをする人

=直視(目視)をしないんですよ・・・

 

鬼に金棒ですよね・・・

最恐です・・・

 

仮にですが、2車線またぎなんてことを

するのであれば、これ以上は無いぐらい

直視しまくらないといけないわけです。

2車線またぎは死角だらけだからです。

 

それが・・・

2車線またぎする人ほど

直視しないんですよねえ・・・

 

つまり、

2車線またぎの車線変更をしている車は

高い確率で死角を無視した安全確認しか

していませんから・・・

近付かないようにしてください!!

 

車線変更は1車線ずつ行う!

 

正しい矢印はこうなります。

 

1車線ずつ車線変更するということです。

 

つまり、

車線変更を2セット行う

ということです!

 

1つ目の車線変更が終わったら、

そこで一旦リセットです。

そしてもう一度同じことを行います。

 

僕のやり方は、

1つ目の車線変更が終わった時点で

一旦ウインカーを切ります。

 

これの意図は、周囲から見て

「まだ車線変更を続けるのか?」

「ただウインカーを切り忘れているのか?」

と思わせてしまうからです。

 

ですから、一旦ウインカーを切って

完全にリセットして

もう一度最初からの手順を踏みます。

 

ハ ナ
ハ ナ
リセットすることが大事です。

 

ただ、今回の

この正しい車線変更については

理屈も大事ですが、

ビジュアルで

覚えていただければと思います。

 

これです。

 

言葉にすると、

「直進してから」

また車線変更する

ということですね(^O^)/

ぜひこの図を

頭に入れておいてください(^^♪

 

↓これをするのは・・・

ただのド素人ですからね?

 

正しい車線変更をしましょうね!!

 

もちろん「どうしても」という場所も

あるかとは思いますが、

その場合には「これ以上は無い」ぐらい

直視(目視)しないといけないのは

言うまでもありません。

 

クラクション鳴らせますか?

さて、ここからが本番です。

 

あなたはクラクションを

鳴らしたい瞬間に

鳴らしたい音量で

鳴らしたい時間

鳴らすことができますか!?

 

ご存知の通り基本的にはクラクションを

鳴らすと違反になることが多いです。

 

ただ、危険を回避するためには

鳴らすことが許されています。

その場合は、むしろ僕の感覚では

鳴らさないのはです。

 

今回の僕のケースが

最もわかりやすいと思いますが、

僕がクラクションを鳴らしてなかったら

100%衝突しています。

 

衝突していた場合と

衝突していなかった場合と

双方どちらの方が良かったか?

 

言うまでもなく

衝突していなかった方が

双方とも良かったわけです。

 

未然に防げたのは

クラクションのおかげなわけですね!

 

逆にですよ?

鳴らさなかった場合の僕の心の声は

こんな感じになるはずです。

 

「あ、これ以上来ると・・・

 やばい…と思うけどなぁ・・・

 ほーら、ぶつかった・・・」

 

これ・・・かなり・・・

だと思いませんか!?

 

要は

「そうなることがわかってるけど

 教えてやらないよーだ」

ということです。

 

ハ ナ
ハ ナ
教えてあげましょうよ…

 

 

で・・・

あなたは本当に・・・

クラクションを鳴らせますか?

 

練習が必要なのは

バック駐車だけじゃないですよ?

クラクションも同じです。

 

今回の事で数年前の

友達のことを思い出しました。

「俺、安全運転だから

 クラクション鳴らしたことが無い、笑」と、

ちょっと自慢気に言ってたんですが、

その後、同乗していた時にわかりましたが、

何のことは無い・・・

鳴らすべきときでも鳴らせてないだけでした。

 

クラクションの効果をご存知ですか?

クラクション=起きている

これわかりますか?

これは

「事故が起きる」の起きるではなく、

「寝る⇔起きる」の起きるです。

 

例えば今回の僕のケースで

衝突していたとします。

 

クラクションの有無で

何か変わってくることが

有るんですが・・・

わかりますか?

 

まず、基本的には過失割合は

僕:相手で3:7か2:8です。

これはクラクションが無かった場合です。

 

相手の保険屋が僕に対して

一番に何を言ってくるかというと、

「前(周囲)を見てたのか?

 寝てたんじゃないのか?

 よそ見してたんじゃないのか?

 スマホ触ってたんじゃないのか?」

と言って来ます。

 

 

少しでもこちらを

悪くしたいですからね。

当然です。

 

では・・・

クラクションを鳴らしてたら

どうなりますか?

問答無用で↑のことは一蹴です!

見ていないと、起きていないと

クラクションを鳴らせないからです

 

この場合は過失割合は

1:9に出来る可能性があります。

 

逆に相手側はクラクションを

鳴らされているにも関わらず突っ込んだ

となるので、不利になります。

(ここは微妙ですけどね)

 

ちなみにこれ・・・

昔の話ですが・・・

実際に僕が経験しました(^^ゞ

 

そのときはマイカーに乗ってましたが

似たような感じで相手が真横から来まして

すぐにクラクションを鳴らし上げたんですが、

結局はガシャ・・・

 

このときに保険屋さんに言われたのは

「クラクションが無かったら3:7だったよ。

 クラクションが有ったから1:9にできた!」

です。

 

最近ではドライブレコーダーがありますが、

今回のようなケースだとドライブレコーダーを

搭載していても車内を録画して運転手の表情まで

しっかりわかるタイプでないと意味が無いと思います。

 

理由は、

車内が音声のみだと、衝突した際に

「うわ!?」などの声が入ると思いますが、

これは寝てても同じタイミングで

声が入る可能性があるからです。

 

なので、衝突する前から

「ぶつかる!ぶつかる!」などの

解説の音声が必要になってきます。

 

また、みなさんのように車内で

カラオケ大会をしている場合には

起きている証拠にはなりますが、

そ見をしていない証拠には

ならないんですよね。

 

ですから、クラクションを鳴らせれば

・起きている(居眠りしていない)
・よそ見をしていない
・相手の危険な行動に気付いて
 事故を防ごうとしている

という大きな証拠になります。

 

 

さらに、同じ衝突するにしても、

クラクションが有るのと無いのとでは

衝突のレベルが変わってくると思います。

 

・今回のように

 衝突自体を防ぐことができた。

・衝突はしてしまったが、

 相手が少しでも早くブレーキを

 かけることができた。

など・・・

 

ハ ナ
ハ ナ
「気付かせる」ことが大事です!

 

※過失割合は一例です。

 全てが全てこうなるとは

 限りませんからね(^^ゞ



まとめ

車線変更は1車線ずつお願いします!

 

これです!

 

この動きで車線変更しましょう(^O^)/

普通に安全確認をしていれば

自然とこの動きになるはずです。

 

そして・・・

 

あなたはクラクションを

鳴らしたい瞬間に

鳴らしたい音量で

鳴らしたい時間

鳴らすことができますか!?

 

本当に危険な時にはクラクションで

事故を未然に防ぐ、

もしくは軽減することができます!

 

それはつまり

自分だけでなく

相手も守ることが出来ます。

 

もちろん鳴らし方も大事です。

今回の僕のバイパスのケースでは

「ピーー!!」と鳴らしています。

もしこれが

「ピ」だったら・・・

絶対に意味が無いですからね!?

 

逆に、狭い交差点などで

こちらが優先にも関わらず相手が

「全くこっちを見ていない状態で」

じわじわ出て来ていて

危険を感じ、

こちらの存在を知らせる場合には

「ピ」で十分です。

 

それを「ピーーー!」

なんてことをしてしまうと、

絶対にトラブルの元になります。

 

 

もう一度お聞きします。

あなたはクラクションを

鳴らしたい瞬間に

鳴らしたい音量で

鳴らしたい時間

鳴らすことができますか!?

 

僕の友達みたいに

なんとなくエラソーに

「鳴らしたことないぜ!えっへん!」

みたいなことを言って、

鳴らす必要があるときに

鳴らせられる技術が無いだけじゃん・・・

みたいなことにはならないでくださいね(^^ゞ

 

何かにつけてクラクションを

悪者にする人が居ますけど、

自分だけでなく相手も守れる

ということを頭に入れておいてください。

 

 

自分の事で言うと

アホ丸出しになりますが・・・

 

わかっていただきたいので

アホ丸出しでいきますが・・・

 

最初にお話した

心臓バクバクもののときに

僕がクラクションを

鳴らしていなければ

相手は絶対に大ケガ、

衝突後の車の軌道によっては・・・

死んでいます。

 

それを僕がクラクションで

防いだわけです。

 

 

今日も明日も

安全運転でいきましょうね!!

 

最後まで読んでいただき

ありがとうございました(*^^*)



【関連記事はこちら】

目視確認の重要性!

ちゃんと目視してますか?

事故を起こす人・起こさない人の違い!

事故を起こす人には特徴があります!

 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA