駐車関連

【初心者さん向け】バック駐車の…準備♪

こんにちは ハナです。

 

今日はバック駐車に関するお話ですが・・・

 

バック駐車と聞くと、

バックをしているときのことを

思い浮かべる人がほとんどだとは思いますが、

 

今回はバック駐車で実際に

「バックを開始する前」

のお話になります。

 

「じゃ、俺には関係ないや」

と思わないでください!

下手をすると・・・

バックしている最中より大事なことです!

 

内容はこの3つです。

・窓を少し開ける

・タイヤは真っすぐに

・夜はライトを切る

 

さっそくいってみましょう(^O^)/



窓を少し開ける

バック駐車を開始する前に

運転席側と助手席側の

窓を少しだけ開けましょう!!

 

なぜ窓を少し開けるのでしょうか?

 

そうすると外の音が

よく聞こえるようにわけですが・・・

 

これだけで・・・

 

・安心感が違う
・距離感がわかりやすくなる 

 

というメリットがあります♪

 

 

もともとバック駐車の際に

運転席側の窓を全開にする方は

助手席側の窓も少しだけ

開けてみてください(^O^)

 

 

 

・安心感が違う

 

本来であれば車の中というのは

完全に孤立した空間というのが

メリットになっています。

 

だからあなたのように・・・

 

大声で1人カラオケ

できるわけですね笑!!

知ってますよ~笑

 

 

ただ・・・

完全に孤立した空間というのは

バックする際には

デメリットになってきます。

 

孤立した空間ではなく

外の空間と繋がることで

安心感が生まれます。

 

音が聞こえるようになるのは

言うまでもありませんが、

なんと言うんですかね・・・

 

うーん・・・

 

「肌の感覚」ですかね?

 

実際にやっていただければ

わかりますが、

違うのは音だけではないんですよ♪

 

 

・距離感がわかりやすくなる

 

これは今説明したばかりの

「肌の感覚」によるものです!

 

特にバック駐車が苦手な人は

バックになると前後左右の

距離感というものが

全くわからなくなるんですね。

 

少し窓を開けるだけで

特に助手席側の距離感が

わかりやすくなると思いますよ♪

 

ちなみに、

僕が大型トラックに乗務しているときの

目的地というのは

工場であったり工事現場なんですね。

 

ここの敷地に入る前には必ず

ラジオをオフにして

両方の窓を少し開けます。

 

こうすることによって

ちょっと極端な言い方をすると

 

大きなトラックで移動している

(周囲のことがわかりにくい)

歩いて移動している

(周囲のことがよくわかる)

 

という感覚に持っていけます!!

 

ハ ナ
ハ ナ
窓を少し開けるだけで違うんです!

 

この感覚が

わかっていただける方であれば・・・

 

駐車場と言われる所へ入る際には

敷地に入った段階で

少し窓を開けておくことを

オススメします!!

 

駐車場と言われる所は

本当に危険な場所ですから、

外の空間と繋がっていると

全く安全度が違ってきます!!

 

窓を少し開ける

ぜひ実践してみてください(*^^*)

 



タイヤは真っすぐに

 

例えば右バックで駐車する場合は

入れたい枠を通り越しながら

頭を左に振りますよね?

 

停止したら

バックギヤに入れるわけですが・・・

 

この停止したときに・・・

タイヤは真っすぐになってますか!?

 

左に切ったままになってませんか!?

 

バックギヤに入れたら

右バックしたいんですよね?

 

でもこれだと・・・

左バックを開始しますからね!?(^^ゞ

 

そうなってしまうと・・・

 

左に頭を振った時に

ベストな位置で

ベストな角度に

なっていても・・・

 

バックを開始した瞬間に

そのベストな位置からズれるわけです。

 

つまり、いきなり

修正しないといけないわけです。

 

これが原因でバック駐車を

手こずっている人も居ます。

 

ハ ナ
ハ ナ
これが原因の人が多いです!

最初は慣れないとは思いますが、

意識してやっていくしかありません!!

 

今度からは停止したときはに

タイヤは真っすぐですよ(^O^)/

 

全国から安い月極駐車場を探す→

夜はライトを切る

 

車が停止してバックギヤに入れるときに・・・

ヘッドライトを切りましょう♪

 

ヘッドライトだけです。

ポジションは点けたままですよ(^^♪

 

こうする理由は

 

バックミラーの中よりも周りが明るいと

バックミラーの中の景色が霞むんですよね。

 

それと周りの明かりが嫌でも目に入りますから

ミラーの中に集中できないというのもあります。

どうしても明るい方に目が行ってしまいますから。

 

逆にバックミラーの周りが暗いと

バックミラーの中の景色が際立つわけです。

 

つまり

見えやすくなる

ということです。

 

写真を用意しましたが・・・

ちょっと写真ではわかりにくいですね・・・

 

イ、イメージということで汗

 

 

これがライトオン

 

 

こちらがライトオフ

 

一応補足を・・・

 

・オンの方

実際の人間の目では

まだまだ左の方まで視野に入りますから

この写真よりかなり明かりが邪魔をします。

 

・オフの方

実際の人間の目では

バックミラー以外が真っ暗で

何も見えないなんてことにはなりません汗

 

良い資料を用意することが出来ず

すみません(゚Д゚;)・・・涙

 

「バックミラーの中だけに集中できる」

ということが伝わればと・・・

 

ちょっと本当に

わかりにくかったですが・・・

 

騙されたと思って

ぜひ1回試してみてください!!

試した瞬間にわかりますから!!


まとめ

 

特にバック駐車に苦手意識のある方は

これらの準備を心がけてみてください!!

 

もともと苦手であるにも関わらず、

やりにくい方法でやっていると

余計に上手くはいきません。

 

これらを実践していただいて

1つでもバック駐車時の事故を

減らすことが出来れば・・・

と考えております。

 

最後にもう1つだけ!

バック駐車に苦手意識がある人ほど

 

・・・

 

焦らないようにしましょう!!

 

ゆっくりでいいんですよ(^O^)/!!

 

 

【おまけ】

以前の記事で

純正バックランプがハロゲンの人は

明るい球に交換することを

お勧めしますと書きましたが、

これだけ違いがあるので

見てみてください(^O^)

 

 

これが純正ハロゲンです。

最近、代車に乗っていたので

写真が撮れましたぁー(^O^)/

 

代車と言っても現行モデルですよ!

ですが、現行モデルでも純正ハロゲンだと

どうしてもこのぐらいの明るさです。

 

 

対して↓が僕の車です

一目瞭然でしょ!?

ヘッドライト並みでしょ笑

 

言うまでもありませんが、

絶対に明るい方がいいです!!

 

明るい方が安全です!!

 

3000円~4000円ぐらいで

純正ハロゲンよりは十分明るくできます。

 

安全のために一度ご検討を(>_<)!!

 

 

僕のは・・・

セット売りではなくて、

1個売りなので・・・

 

1個が5000円なので

両方で1万円です(゚Д゚;)

 

もちろんLEDです♪

 

ただ、車にお金をかけたくない人だと

かなりバカらしい金額だと思いますから、

純正ハロゲンを外品ハロゲンにするだけで

十分明るくできます。

(↑で説明した金額で(^^♪)

 

今日のお話はここまでです♪

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました♪

日本全国の高校生が行きたい教習所を
様々な人気ランキングで選べて便利!

 

バック駐車の記事はこちら

バック駐車が苦手な方へ!【これで一発で入る!?バック駐車はイメージが大切!】

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA