危険な運転 駐車関連

バック駐車時の最重要ポイント!!【バック時の事故】

こんにちは ハナです。

 

先日、構内でバック事故が起きました。

仕事中の話です。

(僕は大型トラックドライバーをしています。)

 

正直・・・

くだらん事故なので、

これこそみなさんにお伝えする

必要があると思い記事にしています。

 

いつもと同じことを言いますが、

大事なのは技術ではありません。

「考え方」です。

平たく言えばです。

 

みなさんは絶対にこのような事故を

起こさないようにお願いします。

 



事故の状況

 

僕が自分のトラックの積み込みをしていて、

協力会社のトラックが

ウチに積み込みに入って来ました。

 

僕が積み込みをしている所とは

別の所で積み込みをすることになるわけですが、

 

数分後・・・

「ゴンッ!!!」

という音がしたわけです。

 

「この音って・・・」

と思いましたが、そこですぐ動くと

自分も積み込み事故になりかねない

タイミングだったので、

それを回避した1~2分後に覗きに行くと、

すでに別の運転手と話をしていたので、

明らかに「人」は巻き込まれていないと

わかり、僕は自分の積み込み場に戻りました。

 

 

あまり・・・

「どうした!?どうした!?」は

良くないですからね。

 

ただ、この時にリアバンパーが

グシャッといってるのは見えました。

 

「相手」はコンクリートだったので、

特に損傷はありません。

 

コンクリートは強いですよね(^^ゞ

 

ですから、ウチからその協力会社へ

何を請求するということはありません。

もちろんウチの上司から協力会社へ話は行ってます。

 

事故の原因

 

僕はその運転手は何度か

見たことがある人なので覚えていました。

何度かなのになぜ覚えていたか・・・

まあ元気に乗る人なんですよ。

 

特にバックが速い。

 

事故の時もバック時のエンジン音が

かすかに聞こえていたぐらいです。

で、「ゴンッ!!!」

 

僕から言わせれば、

起こるべくして起こった事故です。

 

とりあえずですね・・・

バック時は・・・

速い時点でアウトなんですよ。

 

理由は簡単で、

確認が追いつかないからです。

 

今回の事故を起こした積み込み場所って

別に難しい所ではないんですよ・・・

 

かと言って、目隠ししてたらぶつけますよ?

 

でも、見てれば絶対に大丈夫なんですよ。

 

 

もちろんバック時の事故というのは

いつ誰がやっても不思議ではありません。

それは僕もみなさんも同じです。

理由は人間だからです。

 

ただ、

わざわざリスクの高い行動をとるのか、

できる限りリスクの少ない行動をとるのか、

これが分かれ道になります。

 

車内がオシャレに!女性向けカー雑貨【ココトリコ】

事故を回避するには?

 

ゆっくりバックすれば良かった!!

以上!!

 

解説が終わってしまった・・・

 

でも、冗談抜きでコレなんですよ。

まずはコレです。

なによりもコレです。

 

このブログを読んでくださっているプロの方は

十分わかっていらっしゃると思うので、

一般車の方へ。

 

スーパーやコンビニなどの駐車場で

「ブオーーーン!」

なかなかの勢いでバック駐車している車を

見かけることがあると思いますが・・・

あれ・・・上手くないですからね?

厳密に言うと頭が弱い。

 

スーパーやコンビニなどの駐車場ほど

危険な所はないんですよ。

・そもそも障害物(車)が多い

・人も多い

・人が障害物から出てくる可能性がある

・障害物が動く可能性がある

 

このような場所なわけです。

 

そこで高速バック駐車とか・・・

 

頭大丈夫ですか?

になるわけです(-_-メ)

 

ですから、そのような車が居ても

「上手いなあ」などと思わないでくださいね。

 

「あ、アホが居る・・・」

でオッケーーーィ!!

 

 

GCストーリーのソーラーカーポート

ゆっくりバックの威力!!

 

ゆっくりバックする目的は

まず言うまでもなくぶつけないためですが、

それだけではありません。

 

仮に、仮にですけど、

ぶつけてしまったときに

さらに威力を発揮します。

 

例えば今回の構内でのバック事故ですが、

ゆっくりバックしていれば、

「ゴンッ!!!」

ではなく

「ゴ」

で済んでいるんですよね。

 

これよりもさらに

威力を発揮する場面があります。

 

今回はたまたま「相手」がコンクリートでしたが、

「相手」が人だったらどうなります?

 

「ゴンッ!!!」の勢いだと・・・

本当にシャレになりませんよ?

 

いろんなことがそこで終わりますよ?

 

 

このように「ぶつけた場合のこと」も考えて

最善の方法を選択する必要があります。

 

もちろん

「ぶつけるのが前提」「ぶつけるために」

という意味ではないですからね(^^ゞ

 

あまり悪いイメージを持つことは

良いことではないのですが、

要はリスクヘッジです。

 

××になっては困る

ということは

○○すべきだ

 

このような思考です。

 

ちなみに・・・

これが出来ない人というのは

仕事がデキない人です。

 

間違いありません。

経験済みです。

たくさん見て来ました。

 



まとめ+

 

今回のお話で何が重要かは

理解していただけたと思いますが、

一般車の方・・・

気になることがありますよね?

 

いいですよ(*^^*)

言ってください(^O^)/

 

はい、はい・・・

ですよね!!

 

「ゆっくりバックするべきなのは

 理解出来たが、ショッピングモールなどの

 駐車場でバック駐車しようとしたときに、

 後続車が待っていると気が気で無い・・・」

 

おっしゃる通りです!!

そのお気持ちよくわかります。

 

が!!

 

現実を言っておきます。

 

後ろの車のやつが

降りて来て暴言を吐きだせば、

何かになるのかもしれませんが、

少々睨んできてようと

後ろで待っているのであれば・・・

 

後ろの車は関係ありませんからね?

 

仮にプレッシャーに負けてあなたが

バック駐車中に隣に駐車している車に

ぶつけてしまったとします。

でも後ろの車は何も悪くないんです。

あなたが勝手にやったことです。

 

もう少し言いましょうか?

焦ってしまっていつもよりアクセル踏んで・・・

チビッコひいたらどうします?

これも後ろの車は関係ないですからね?

 

ここでリスクヘッジ出来るかどうかです。

 

やばい・・・

後ろで車が待ってる

出来るかわからないけど

速くバックしてみるか

でもそうすると確認は疎かになるし

やばい気がする・・・

いつも通りゆっくりバックしよう

後ろの車には待ってもらおう

 

この思考でいきましょうね!!

 

待ってもらえばいいんですよ(^O^)/

そんなことはお互い様なんですよ!!

 

気にしない気にしない!!

 

お気持ちは本当にわかります!!

でも現実・・・

何か起きても後ろのせいにはできないんです。

 

つまり2択ということです。

・後ろの車にイヤな顔をされる

・事故をする

どちらを選びますか?

 

言うまでもなく少々待たせても

安全を取らないとダメです!!

 

そもそも・・・

それぐらいの時間が待てないとか・・・

ヒトとして終わってますからね・・・

そんなやつのことを

考えてあげなくていいんですよ(-_-メ)

 

駐車に集中しましょう。

事故を起こさないために。

 

 

今回の構内事故の類は

本当にくだらん事故なんです。

事故が起きないように

最善を尽くしたのか?

って話なんですよ。

 

それをテキトーなことをしてみたり、

出来もしないことをしてみたり・・・

そんなことをしてたら

そりゃ事故が起きるわな?

って話です。

 

逆に本当に最善を尽くした・・・けど

ぶつけてしまった・・・

 

これならしょうがないじゃないですか・・・

僕らはロボットじゃないんで・・・

 

ただし、多くの場合は

事故が起きた時というのは

最善が尽くされていない時です。

 

「今」最善を尽くすには

どうしたらいいのか?

 

テキトーなことをしていると

何が起きる可能性があるのか?

 

「何」が起きた場合

どのようなことになるのか?

 

常にこれらのことを頭に入れておいて

車を運転しましょうね!!

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

【関連記事】

事故を起こす人と起こさない人の違いを

知りたい方はこちら!



 

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA