駐車関連

コンビニから出ま~す!どう出る?

みなさーん!!

 

コンビニはお好きですか!?

 

コンビニいいですよねぇ!!

 

庶民の味方ですよね♪

 

1番高いけど・・・

 

でも庶民の味方・・・

 

高いのに?・・・

 

 

なぜか行ってしまいますよね(^^ゞ

 

 

 

こんにちは ハナです(^^ゞ

 

 

今回はそんなコンビニから出る時の・・・

初心者さんや、

あまり運転が得意ではない方にある

 

いわば・・・

 

 

あるある

 

 

がテーマです!!

 

 

 

 

 

もし「あるある」をしている方が

いらっしゃいましたら、

最後まで読んでいただければ

 

次回からは・・・

 

一気にレベルアップしていると

思います!!

 

 

 

 

では・・・

 

 

 

まず・・・

 

 

いい紙が無かったので・・・

段ボールに書きました笑

 

 

 

今後は模造紙を用意しないと

いけませんね汗

 

 

 

 

では・・・

まず・・・

コーヒーをこぼしましたが・・・

赤い車がオイル漏れしてるということで

お願いします汗汗

 

 

 

 

写真上部が店舗、

下部の黒線が縁石です。

少し広めのコンビニです。

 

 

 

さて、あなたは白い車です。

どう出ますか?

(前進駐車している状態)

 

 

 

バックで枠から出たら

写真右へ前進で

出て行きましょう(^O^)/

 

 

 

 

もう一度

 

少し考えてみてください。

 

 

 

 

3

 

 

 

 

2

 

 

 

 

1

 

 

 

 

どうでしょうか?

 

 

 

どうもなにも・・・

 

こうですよね?

 

合ってますよね?

 

 

 

・・・

 

 

 

・・・

 

 

 

合っていると言った

そこのあなた!!

 

 

 

 

なぜですか!?

 

 

 

 

と言いつつ・・・

別に何も間違ってないんですけどね(^^ゞ

 

 

 

 

 

じゃ、僕ならどう出るか?

 

 

 

2パターンあります。

この状態から・・・

 

 

 

真っすぐバックします。

(わかりやすくしています。縁石ギリギリまで

下がる必要はありません。)

 

 

 

で・・・

 

 

前進しながら

ハンドルを右へ切って

出て行きます。

 

 

 

 

どうですか?

 

 

 

 

この方が簡単じゃないですか?

 

 

 

 

もちろん間を取ってもいいです。

黄色の車を完全に通過してから・・・

 

 

 

 

ハンドルを切り始める。

 

 

 

どちらでもいいと思います♪

 

 

僕は状況に応じて

どちらも使います(^^♪

 

 

 

 

ただ、最初にみなさんに質問したパターンは

危険がありますよね。

 

 

 

 

右前を気にしながら

恐る恐るバックする・・・

 

 

 

後方がめちゃくちゃ

空いてるのにですよ?

 

 

 

逆に、車のことはわかっている人たちは

↓の黄色の車に乗っているときに

この状態を経験したことがある人も

多いのではないでしょうか?

 

え!?

大丈夫なん!?

当たるんちゃうん!?

もっと下がってから

ハンドル切ればいいんじゃないん!?

これギリギリじゃない!?

 

・・・

 

 

ホントに大丈夫!?

 

 

 

・・・

 

 

ふぅー・・・汗

 

 

 

 

という経験が(^^ゞ

 

 

 

 

僕は何回かどころか

何十回もあります汗

 

 

 

 

もちろんコンビニの広さにも

(駐車枠の広さも)

よりますが、

 

 

 

とてつもなく

ギリギリを

攻める人が居るんですよね泣

 

 

 

 

いやいや汗

 

・・・

 

 

後ろかなり空いてますけど!?

 

 

 

 

あと3mでも5mでも

下がれますけど!?

 

 

(当たり前ですが、用も無い・意味も無いのに

アホみたいにバックし続けるのは危険です。)

 

 

 

となります(^^ゞ

 

 



 

 

これが起きる原因は2つ考えられます。

 

 

 

1.固定観念

 

バックする=ハンドルを切る

 

 

確かに教習所のときから

そうですよね?

 

 

 

直進バックて・・・

最初にするぐらいですよね?

 

 

 

それ以降はバックというのは

バック駐車になりますよね?

 

 

 

つまり、バックをするときは

ハンドルを切るものだ

と頭がなっているようです。

 

 

 

 

2.苦手意識

 

最短距離で終わらせたい

 

 

バック駐車が苦手な人は多いです。

 

 

 

ですから、バックする時間・距離を

なんとか短くしたい

という思考からくるものも

あると思います。

 

 

 


 

前進駐車自体にしてもそうなのですが、

苦手だからと言って・・・

 

 

 

「さらに難しいこと」

してしまっているんです。

 

 

前進駐車よりバック駐車の方が

「入れやすく出やすい」

わけです。

 

 

 

 

今回のお話でも

右バックや左バックよりも

直進バックの方が

簡単なわけです。

 

 

 

 

ですので、状況を見て

どのような方法を取るのが

安全で簡単なのかを考えて

チョイスできるように

ならないといけません。

 

 

 

 

まあ、「いけません」

ということは無いのですが・・・

 

 

 

ご自分が

・苦労する

・危険が生じる

・ぶつけてしまう

 

 

ということが発生する

可能性が高くなってしまいます。

 

 

 

 

今回のケースで最も

実践してもらいことは・・・

 

 

 

「車に乗り込む前に

周囲の状況を把握する」

ということです。

 

 

 

 

そこで一旦落ち着いて

どうするのが

安全で簡単なのか

考えてから行動すれば

今までとは違ってくると思います♪

 

 

 

 

ぜひ実践してみてください!!

 

 

 

今までとはかなりの違いが

あると思いますから(^O^)/

 

 

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございました(*^_^*)






返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA